<テイクアウト グルメ>八百屋×カフェ 和合堂(わがままデリプレート)

2022年7月5日 07時32分

◆味の濃い採れたて野菜

 土が付いたままのニンジンから、青々とした葉が伸びる。「子どもたちはニンジンに葉が付いてると知らなくて驚きますよ」と代表の清水飛鳥さん。「八百屋×カフェ 和合堂」では、無農薬・減農薬の採れたて野菜や、全国のご当地調味料などを販売。店内=写真(上)=にはイートインスペースもあり、サラダなどカフェメニューを提供。テイクアウトもできる。
 写真(下)は人気の「わがままデリプレート」(1000円)。旬の野菜を使った総菜を7種類ほど盛った一品。内容は仕入れによって毎日変わる。この日は「カブの高倉みそ和(あ)え」「きぬさやと紫蘇(しそ)昆布和え」「きのこのビネガーソテー」「そら豆(まめ)と麻炭の米粉パンケーキ」「蒸し鶏イタリアントマトソースのせ」など。味の濃い新鮮野菜と、伝統的な味噌(みそ)や梅しそなどを組み合わせた総菜の数々は、腸活&デトックスになると評判で、早々に売り切れる。
 清水さんの前職はIT業のコンサルタント。個人では「日本を活性化したい」思いから「ご当地飲み会」を主催して各地の食材を応援。農家支援の団体や、育んできた人と人とのつながりを生かして、2020年8月末に開業した。野菜とご当地食材を販売しつつ、フードロス対策にも尽力。農家から「作物を作り過ぎた」と聞けば、引き受けて自家製スムージーにおいしく加工。最近では保育園に土の付いた野菜を持って食育も。活動の芽はさらに伸び続ける。 (さりあ)
 東京都港区三田2の17の18。10〜21時(食事の提供は11時から。日曜のみ18時閉店)。月曜休。(電)03・6435・3880

関連キーワード


おすすめ情報