慰安婦像使用作品「展示不可」 三重・伊勢市展 不自由展中止受け制作

2019年10月31日 16時00分

ポスター「私は誰ですか」のオリジナル(右)と、慰安婦像の部分に粘着テープを貼った修正版を見る花井利彦さん。どちらも展示は不可とされた=三重県伊勢市で

 三重県伊勢市で二十九日から開催中の市美術展覧会(市展)で、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の騒動を受けて制作した作品が展示不可とされた。慰安婦像の写真をコラージュしており、市側は「展示すれば市民の安全を損なう恐れがある」と説明。作家は「表現の自由を侵す行為。訴訟も見据えている」と反発している。
 作品は、伊勢市のグラフィックデザイナー花井利彦さん(64)が制作したB2判のポスター「私は誰ですか」。赤く塗られた手のひらと石を配し、左上に中国人従軍慰安婦像の写真をコラージュした。「私は誰ですか」と中国語、ハングル、英語、日本語で添えた。トリエンナーレの騒動を受けて、「表現の不自由」をテーマに制作したという。
 花井さんは日本グラフィックデザイナー協会会員。市内の中学校の校章や市立病院の新病棟のロゴを手掛け、市展には八年前から審査委員や運営委員として関わっている。
 市展は市、市教育委員会などが主催し、公募した絵画、写真の入選作や運営委員らの作品を市内のホールに展示。花井さんは運営委員として作品を搬入したが、市教委が開幕前日の二十八日に展示見合わせを伝えた。花井さんは慰安婦像に粘着テープを貼るなど手直しをして展示を求めたが、認められなかった。
 鈴木健一市長は取材に「あいちトリエンナーレでは脅迫やテロの予告もあった。市民の生命と財産、運営の安全性を考えて判断した」と答えた。花井さんは「市側の検閲で憲法違反だ」と憤っている。 (足達優人)

◆抽象的恐れでは中止できず

<表現の自由に詳しい志田陽子・武蔵野美術大教授(憲法・芸術法)の話> 「市民の安全を守れない恐れがある」ことを理由としているが、抽象的な恐れだけでは中止はできない。公が引き受けたものを中止にするには、実際に脅迫が来たなど具体的な危険が必要とする最高裁の判決もある。あいちトリエンナーレの騒動を受け、表現の不自由をテーマに作られた作品は、社会問題を問い掛けるアートとして尊重されるべきだ。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧