安倍晋三元首相銃撃、手紙で示唆か 容疑者、事件前に送る 旧統一教会への恨み、ツイッターでも

2022年7月17日 21時04分
山上徹也容疑者が送ったとみられる安倍元首相の殺害を示唆する手紙の写し

山上徹也容疑者が送ったとみられる安倍元首相の殺害を示唆する手紙の写し

 安倍晋三元首相の銃撃事件で、殺人容疑で送検された無職山上徹也容疑者(41)が事件前、銃撃を示唆する手紙を島根県の男性フリージャーナリストに岡山市内から送っていたとみられることが17日、分かった。男性が取材に明らかにした。2019年秋以降、ツイッターに「憎むのは統一教会だけだ」などと世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への恨みを投稿していたとみられることも判明した。
 男性はブログで旧統一教会への批判を展開していた。男性によると、奈良県警は17日、手紙を押収。手紙には岡山市の郵便局が押した7月の消印があった。差出人名はなかったが容疑者の署名がある文書が同封されていた。旧統一教会への強い恨みがつづられ、安倍氏については「苦々しくは思っていましたが、本来の敵ではない」「あくまでも現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません」と記載されていた。
 「銃の入手に(時間を)費やして参りました」「安倍(元首相)の死がもたらす政治的意味、結果、最早それを考える余裕は私にはありません」とも書かれていた。
 手紙はA4判1枚で、手書きではなく印字したもの。消印の日付の判読は難しいが、容疑者が7日に同市を訪れて遊説中の安倍氏を手製銃で襲おうとしたことが分かっており、この日に投函した可能性がある。
 ツイッターには「オレが14歳の時、家族は破綻を迎えた」「統一教会の本分は、家族から巻き上げさせたアガリを全て上納させることだ」などと投稿していた。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧