沖縄、レンタカー不足が深刻化 料金高騰、コロナ禍の減車で

2022年7月18日 16時38分 (共同通信)
 満車表示が並ぶ、那覇空港のレンタカー案内所=17日

 満車表示が並ぶ、那覇空港のレンタカー案内所=17日

 夏の観光シーズンを迎えた沖縄県でレンタカー不足が深刻化している。新型コロナ禍での利用客激減を受け、各社は車両を手放してきた。観光需要は回復しつつあるが、新車の調達が間に合わない。利用料金が高騰し、旅行客が移動の足を確保できない事態も起きている。
 地元大手のレンタカー会社は7~8月にほとんど空車がなく、一時は100件以上のキャンセル待ちが発生した。車両の維持管理コストを抑えるため、保有台数をコロナ前の約3分の1に減らしたことが響く。半導体不足によりメーカーは減産を続けており、レンタカー会社は「発注しても納車されず、今ある車で何とかするしかない」と語った。

関連キーワード


おすすめ情報

話題の新着

記事一覧