全力プレー誓う 学童野球 城南CUP開幕

2019年10月6日 02時00分

開会式で選手宣誓するフレールの井出結星主将=5日、東京都大田区で

 東京都大田、世田谷、目黒、品川各区の学童軟式野球新人戦上位十八チームが出場する第九回城南CUPと、各区の女子チームが競う第六回城南ガールズCUP(ともに城南信用金庫主催、東京新聞・東京中日スポーツ後援)の開会式が五日、大田区の大田スタジアムで行われた。
 参加全二十二チームの選手らの入場行進に続き、大会会長の川本恭治城南信金理事長が「多くの仲間たちと築く絆や友情、チームワークを大切に頑張って」とあいさつ。東京新聞・東京中日スポーツを発行する中日新聞東京本社の菅沼堅吾代表は「皆さんの一生懸命な姿をぜひ、お父さんやお母さん、家族や友達に見せてあげてください」と激励した。
 大田区代表のフレールの井出結星(ゆうせい)主将が「日頃から支えてくださる方々に感謝の気持ちを込め、正々堂々、最後まで全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。
 城南CUPは六日に一回戦が始まり、十二月一日に同スタジアムで決勝戦を予定。ガールズCUPは十一月十日と十七日に、品川区の天王洲公園野球場で熱戦を繰り広げる。

第9回城南CUPと第6回城南ガールズCUPの開会式で整列する選手たち=5日、東京都大田区の大田スタジアムで(松崎浩一撮影)

関連キーワード


おすすめ情報