園児に暴言繰り返す 埼玉・加須 40年勤務の主任保育士

2019年10月3日 02時00分
 埼玉県加須市の社会福祉法人が運営する認可保育所「吉川保育園」(定員六十人)で、ベテランの女性主任保育士が昨年度から今年四月にかけ、園児に暴言を浴びせていたことが、市などへの取材で分かった。市は六月、児童福祉法に基づいて改善を指導した。保育士は既に退職している。
 市地域福祉課によると、保育士は園児に対して「ばか」「まぬけ」「のろま」という暴言を使った。また、園児を払いのけたり、園児同士の頭をぶつけたりといった行為もしていた。園児にけがはなかった。
 市の聞き取りに、保育士は「保育を計画通りに進めなければならないという責任感から厳しい口調になってしまった」と説明。「自分は威圧的と思われる言動をするときがあり、虐待と取られることがあったのは分かる」と話したという。
 保育士は約四十年間、同保育園で勤務。他の保育士を指導する立場の主任保育士だった。
 同園ではまた、土曜の保育で提供することになっていた給食を少なくとも五年前から提供していなかったことも市の調査で判明。保護者には弁当を持参させていた。園は市に「調理員を確保できなかったため」と説明。現在は土曜も給食を提供している。
 吉川保育園は本紙の取材に対し「利用者への対応は終わっている。申し訳ないが、改めて説明することはできない」と話した。 (寺本康弘)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧