<ねづっちの謎かけ道場>何度も金星をあげた力士とかけて、昼食の時間ととく…

2022年8月3日 07時48分
 十円玉の製造枚数が二十年前の一割になっているんだそうです。ちょっとビックリですよね? 間違ったトレーニング方法みたいな感じです。硬貨(効果)が減ってるって…。理由としては、キャッシュレス決済が広まっているからだとか。しかし、十円玉なんて身近な存在だと思ってましたよね。硬貨だけに関係性も濃いん(コイン)です。それが遠い存在になりつつあるんですね。今後ますます縁遠くなるかも。そうなると「十円」と書いて「遠縁」ですね…。どうも、ねづっちです! 早速作品発表していきましょう!

★今週の最優秀賞★

 何度も金星をあげた力士とかけて、昼食の時間ととく。その心は、綱、三度(ツナサンド)食ってる人もいます  東京都葛飾区 無職 ヨースケ(72)
<評>コンパクトで分かりやすい秀作。僕はよくツナサンドにするか、たまごサンドにするかで悩みます。やっぱり迷わ(マヨは)ないとね、ってことで。

*特別賞*

 初心者さんのなぞかけとかけて、高きゅうマグロととく。その心は、すじがとおっていない  東京都国分寺市 小学三年 鳥海春葵(9つ)
<評>九歳! 頑張りました。とっても上手な謎かけです。素晴らしい! 年齢同様、称賛(小三)しました。

*佳作*

 午後三時とかけて、平安貴族ととく。その心は、eatお菓子(いとおかし)  東京都武蔵野市 会社員 海心(32)
<評>うまく英語と組み合わせました。私は三時のおやつを食べながら、歴史の勉強をするのが好きです。二つの意味で文明堂(どう?)って。
 ◇
 海水浴の老女とかけて、アフリカ系の木琴ととく。その心は、マリン婆(マリンバ)  横浜市港北区 無職 あー無精(52)
<評>マリン婆って…。そんなひどいこと言ったら、マリンバだけに「叩(たた)かれ」ますよ。
 ◇
 相撲で順当に勝ったとかけて、水を無駄にしたととく。その心は、組んで(汲(く)んで)から倒した  東京都国立市 無職 ラプソディー(81)
<評>シンプルですが、よくできていますね。長い相撲で「水入り」とはならなかった?
 ◇
 逸ノ城の名古屋場所優勝とかけて、どんぶり飯七杯ペロリととく。その心は、三敗(三杯)のあと賜杯(四杯)  東京都北区 無職 高柳直正(81)
<評>逸ノ城、初優勝でしたね! まるで自分勝手にすねちゃう子供のようです。悲願だ(僻(ひが)んだ)って。

◆総評

 今回は、下は九歳から上は八十一歳まで幅広い年齢層で入選となりました。謎かけは世代を問わず楽しめる最高の娯楽ですね。引き続きよろしくお願いします!
 では最後に私の謎かけを。
<ととのいました!>
 元横綱白鵬とかけて、仙台の両親に彼女を紹介したら緊張した会話になったととく。その心は、間垣になって(間が気になって)宮城野親方(宮城の親、硬っ!)
 かなり強引(笑)。元白鵬の間垣親方が宮城野部屋を継承するそうです。強い力士を育ててもらいたいですね。

◆近況報告

浅草演芸ホールで、新二ツ目の春風亭かけ橋君(右)と。筋トレ大好きなマッチョマンです

 3、4日、浅草演芸ホールで昼の部▽3、4、6、13、14、18日、浅草東洋館で「漫才大行進」▽8日19時開演、新宿ハイジアV−1で単独ライブ「ねづっちのイロイロしてみる60分」▽11〜20日、新宿末広亭で夜の部(休席あり)

◆謎かけ大募集

 郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、はがきは〒100 8525 東京新聞文化芸能部「ねづっちの謎かけ道場」係、ファクスは03・3595・6929、Eメールは hougei-t@tokyo-np.co.jpへ。ペンネームも歓迎ですが、氏名もお忘れなく。
 次回の「ねづっちの謎かけ道場」は8月17日掲載です。

関連キーワード


おすすめ情報

芸能の新着

記事一覧