古代オリエント博物館「大航海時代へ」特別展 シルクロードと日本のつながり

2022年8月5日 07時14分

シルクロードや大航海時代に関する史料が並ぶ特別展=豊島区の古代オリエント博物館で

 古代からの交易路「シルクロード」や大航海時代に思いをはせる特別展「大航海時代へ-マルコ・ポーロが開いた世界-」が東京都豊島区の古代オリエント博物館(サンシャインシティ文化会館ビル七階)で開かれている。九月十一日まで。
 アジアとヨーロッパを陸路や海路で結んだシルクロードで東西交流が進み、影響を受けた工芸品や美術品、大航海時代の地図や考古資料など約二百点が並ぶ。
 日本に関する展示では、「南蛮(なんばん)人」と呼ばれた人々や、鉄砲伝来や遣欧使節の記録などもある。
 同館の津本英利研究部長は「日本につながる歴史の流れがわかる。世界史や日本史が好きな方に楽しんでもらいたい」と話した。
 会期中無休。一般千円、大高校生七百円、小中学生三百円。(長竹祐子)

関連キーワード


おすすめ情報