都内主要駅に無料検査場「帰省前に受けて」 東京、品川、上野、池袋、新宿と「バスタ新宿」<新型コロナ>

2022年8月5日 10時51分
新型コロナウイルス拡大を受け、JR品川駅に設置された臨時の無料検査場で検査を受ける人たち=東京都港区で(伊藤遼撮影)

新型コロナウイルス拡大を受け、JR品川駅に設置された臨時の無料検査場で検査を受ける人たち=東京都港区で(伊藤遼撮影)

 東京都は5日、お盆期間の新型コロナウイルス感染症対策として、臨時の無料検査場をJR品川、東京、上野、池袋、新宿の各駅とバスターミナル「バスタ新宿」の計6カ所に開設した。18日まで。都によると、1日合計で約4000件の抗原定性検査を実施できる。発症している人や濃厚接触者は対象外。
 3年ぶりに行動制限のない夏となったが、4日時点で都の1週間平均の新規感染者数は3万2700人。4日のモニタリング会議では専門家が「爆発的な感染状況が続いている」と警戒を示した。都福祉保健局は「帰省や、高齢者や基礎疾患がある人と会う際は事前に検査をしてほしい」と呼びかけている。(原田遼)

おすすめ情報