「東京すくすく」と都交通局がコラボ 都営三田線の整備場を見学 

2022年8月6日 06時54分

都営三田線新型車両を台車にはめ込む作業を見学する親子ら

 親子に夏休みの思い出をつくってもらおうと、本紙の子育て情報サイト「東京すくすく」と都交通局が連携した取材体験会が5日、都営地下鉄の志村車両検修場(東京都板橋区)であった。都内の小学生の親子9組18人が、普段は入れない安全管理の現場を見学した。
 体験会は「都営交通×東京すくすく 夏休みわくわくキャンペーン」(TOKYO MX協力)の一環。
 検修場で三田線新型車両の整備現場を見学。午前の部で、25トンある車両をクレーンで持ち上げて車輪が付いた台車にはめ込む様子を見た子どもたちは「すごい」と驚いた様子。高学年向けの午後の部は近くの高島平駅から特別に運行された電車に乗って検修場に入り、車両の洗車も見学した。

取材の成果を絵日記にまとめる親子=いずれも板橋区の志村車両検修場で

 見学後、低学年は絵日記、高学年は壁新聞に取材成果をまとめた。父と参加した練馬区の4年、下田壱颯(いぶき)君は「見学した、たくさんの設備を新聞にまとめたい」と話していた。
 取材体験会は今後、応募済みの人を対象に都電編と都バス編がある。駅で放送する子どもたちの音声を収録する「なりきりアナウンサー編」もある。(大島晃平)

関連キーワード


おすすめ情報