<新型コロナ>神奈川県で1万4100人感染、12人死亡

2022年8月6日 17時40分
 神奈川県内で6日、新型コロナウイルスに感染した70〜90代の男女12人の死亡と、14100人の新規感染が判明した。県と5市の保健当局が発表した。
 横浜市は戸塚区の90代男性の死亡を発表。クラスター(感染者集団)が発生した介護老人保健施設の入所者で、1日に発症し、2日に死亡した。他に70〜90代の男女4人の死亡も発表したが詳細は非公表。
 川崎市は70〜90代の4人の死亡を発表。幸区の70代女性は先月26日に病院に入院し、8月4日に死亡。他の3人はコロナとは別の病気で入院中に陽性となり、2日と4日に死亡した。
 相模原市は海老名市の90代女性の死亡を発表。入院中の1日に感染が判明し、2日に死亡した。横須賀市は、介護老人保健施設と高齢者福祉施設の入所者の90代男性、80代女性の死亡を発表。共に入所中に発症し、施設内で療養していた。
 新規感染者は県が3441人、横浜市が5525人、川崎市が2802人、相模原市が1049人、横須賀市が644人、藤沢市が639人。横浜市、相模原市などで15件の新規クラスターが発生した。

おすすめ情報

主要ニュースの新着

記事一覧