核禁条約に言及避けた岸田首相 アメリカへの配慮ばかり 広島・平和記念式典

2022年8月6日 20時07分
広島・原爆ドーム

広島・原爆ドーム

 広島市の平和記念式典に出席した岸田文雄首相は、米国での核拡散防止条約(NPT)再検討会議での演説に続き、核を全面的に違法とする核兵器禁止条約に言及しなかった。被爆地・広島出身の首相は核軍縮をライフワークとし、「聞く力」も掲げているが、被爆者の声は届いていない。
 被爆者は核禁条約への期待が大きい。世界から核兵器をなくそうという核禁条約の目標は、核の惨劇を二度と繰り返してはならないと願う被爆者の思いと一致するからだ。
 しかし、米国の「核の傘」に頼る日本政府は条約を批准しないだけでなく、6月に行われた核禁条約の締約国会議にオブザーバーとしても参加せず、一貫して距離を置き続けている。
 平和記念式典で首相は「77年前の惨禍を決して繰り返してはならない。唯一の戦争被爆国であるわが国の責務であり、被爆地広島出身の首相としての私の誓いだ」と強調したが、核禁条約は素通りした。
 広島の被爆者団体の代表らは首相との面会で核禁条約の批准を求めた。しかし首相は「条約は核兵器のない世界への出口に当たる。同盟国の米国を変えるところから始めなければならない」と、すぐに批准できる国際情勢ではないとした。
 ロシアが核の威嚇を繰り返し、現実に核の脅威が増す中、首相は核保有国と非保有国の「橋渡し役」を務めると訴える。だが条約に否定的な米国に配慮するばかりでは、非核保有国の信頼を得るのは難しく、「橋渡し役」は果たせそうにない。(城島建治)

関連キーワード


おすすめ情報

主要ニュースの新着

記事一覧