羽田新ルート 初飛行 小型機で検査開始

2019年8月30日 16時00分

国土交通省の飛行検査で使用する小型機=国土交通省提供

 国土交通省は三十日、羽田空港の国際線増便のため、来年三月末に運用を始める東京都心上空を通る新たな飛行ルートの「飛行検査」を始めた。新ルートを航空機が飛んだのは、この検査が初めて。初日は悪天候のため、予定していた検査の一部のみを実施した。今後もほぼ連日検査のため飛行し、年内に終える予定。
 国交省によると、検査は航空法に基づく手続きで、三十日は午前六時二十分ごろ開始。同省所有の小型ジェット機が、羽田への着陸に向けて都心上空で高度を下げながら南下する新ルート沿いを二回飛行した。
 新ルートが上空三百~四百メートル付近を通過する東京都品川区の天王洲アイル駅周辺では、上空を小型機が「キーン」という高音を響かせながら、数秒で通過した。
 本来は午前八時四十五分までに着陸ルートを計四回飛ぶ計画だったが、雨のため視界が悪くなり、目視による検査飛行が続けられず、予定より約一時間早く終えた。
 検査では、レーダーや無線、滑走路への誘導設備などが正常に稼働するかを確認する。大型機が試験的に飛ぶのは、来年一月末以降の見通し。
 現在、羽田を発着する航空機は騒音被害軽減のため都心上空を避け、主に東京湾上空を飛んでいる。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧