ソフトバンク、米ウィーに1兆円出資 再建支援

2019年10月23日 16時00分
 ソフトバンクグループは二十三日、経営難に陥っている共有オフィス「ウィーワーク」の運営会社、米ウィーカンパニーに最大九十五億ドル(約一兆円)の支援策を実施することで合意したと発表した。マルセロ・クラウレ副社長をウィーの会長として派遣し再建を主導する考え。現会長で創業者のアダム・ニューマン氏は取締役から外れる。
 社債買い取りなど五十億ドル分の支援のほか、既存株主から最大三十億ドル分の株式を取得する。既に決めていた十五億ドル分の出資を早めることも盛り込んだ。これらの支援策によりウィーの発行済み株式の約八割を取得するが、議決権ベースでは過半を占めず、連結子会社にはしない方針。
 ソフトバンクの孫正義会長兼社長は「人々の働き方が大きく変化しており、ウィーワークは変化の最前線にいる。その展望に変わりはないため、重要な資本注入や支援策を決定した」との談話を発表した。ソフトバンクは傘下の巨額ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」も含めて計百億ドル超を出資しているウィーの大株主。今回の追加支援はファンドを通さずにソフトバンクから直接実施する。
 二〇一〇年創業のウィーは起業家らが共同で使えるオフィスを貸し出す事業で成長し、日本など世界各地で拠点を展開する。

関連キーワード

PR情報