アフラックがん保険 不利益販売 日本郵便、顧客不安拡大も

2019年8月22日 02時00分
 日本郵便がアフラック生命保険の委託を受けて販売するがん保険について、二重払いや一時的な無保険といった顧客に不利益となるケースが、二〇一八年五月~一九年五月で約十万四千件に上ることが二十一日、分かった。日本郵便がシステム対応の不備を放置していたことが原因。無保険と二重払いにならないよう、十月にシステムを改善する。
 かんぽ生命保険の不正販売では、顧客の不利益となる疑いがある契約が過去五年で約十八万三千件あったことが判明しており、顧客の不安が拡大する可能性がある。日本郵便は不正販売をしていたかんぽ生命の保険商品の積極的な販売は自粛しているが、アフラックの販売を継続している。対応の違いを巡り、混乱を招く恐れがある。
 アフラックのがん保険は、がんを発症している人の加入を防ぐため、新規加入後の三カ月間は保障が受けられない。このため古い保険から、保障の充実した新しい保険に契約を乗り換えると、三カ月間二重払いをするか無保険になる。顧客には乗り換え時に説明していたという。アフラックは郵便局員の勧誘に問題があった場合、返還などの対応を迫られそうだ。
 アフラックは一四年から、新規契約の保険料を払えば二重払いにならずに乗り換えられるようにし、日本郵便以外の代理店を通じた販売で適用したが、日本郵便は対応が遅れていた。

関連キーワード


おすすめ情報