ベビーカー乗車 安心の一歩を 大江戸線に子育て応援スペース きょうから

2019年7月31日 02時00分

都営大江戸線の車内に設けられた子育て応援スペース=30日、都営地下鉄・清澄白河駅で(木口慎子撮影)

 子どもと一緒に安心して乗ってね-。東京都は31日から、都営大江戸線の一部車両に「子育て応援スペース」を設ける。社会全体で子育てを応援する雰囲気をつくるのが狙いで、人気アニメ「きかんしゃトーマスとなかまたち」のイラストに囲まれている。国土交通省によると、子育て応援を掲げたスペースの設置は公共交通機関で初めて。 (石原真樹)
 三十日、スペースを設けた車両が清澄白河駅で披露され、親子連れら七人が見学した。長男の平本律樹くん(3つ)を連れた沙織さん(34)=品川区=は「電車には気を張って乗らなきゃいけなかった。『子どもウエルカム』なデザインにしてくれたことで気持ちが和らぐ」と話した。
 平本さんらは二月、保護者を対象にインターネット上でアンケートを実施。子どもと電車に乗ったとき、抱いた子どもやベビーカーが押しつぶされそうになるなどの危険を感じたことが「ある」「どちらかといえばある」と答えた人が九割を超えた。この結果などを基に、子育て応援車両の導入を求める要望書を小池百合子知事に提出した。
 子育て応援スペースは大江戸線の全五十八編成のうち三編成の三、六号車に設け、車いすなどで乗れる優先席の周りにトーマスなどのイラストを施した。高齢者ら誰でも利用できる。運行時刻は当日の始発前に都交通局のホームページで公表する。

◆通勤帯 なお非難の目

 満員電車に子どもを連れて乗ることには、賛否両方の意見がある。自宅から遠い保育所に子どもを預けるため、ベビーカーで通勤電車に乗らざるを得ない母親らを本紙が2月に紹介すると、「わがままだ」など厳しい声も寄せられた。識者らは、子育てへの理解を促すきっかけとして都の取り組みを評価する。
 「ため息をつかれた」「批判的な目で見られる。毎回タクシーを使うのは、お金がかかりすぎて無理」。子連れの通勤でつらい思いをする母親たちの声を、本紙が子育てサイト「東京すくすく」に掲載すると、さまざまな体験談が寄せられた。
 「子連れに配慮し、譲るのは当然」「頑張れ、ママさん」と応援の書き込みがある一方で、「ラッシュ時にベビーカーで乗る必要があるのか」と、非難するコメントも少なくなかった。
 子育て応援スペースの狙いについて、小池百合子知事は本紙の取材に「女性(専用)車両も、今も賛否ありますよね。(今回の)キッズ車両にまた賛否はあろうと思いますが、社会のニーズだと思う」と説明。「(子育てへの応援が)当たり前だと思われる東京、成長一辺倒でなく成熟社会の一つの象徴になるのでは」と述べた。
 NPO法人「せたがや子育てネット」代表の松田妙子さん(49)は、国土交通省の協議会でベビーカーを利用しやすい環境づくりに取り組んできた。「専用車両に子どもが隔離されるのではなく、いろんな人と一緒に乗れるところが良い」と都の取り組みを評価。「目をキラキラさせる子どもを見てほしい。子どもと触れる機会が増えれば、(子育てについて)社会全体で考えるきっかけになる。子どもがどんどん街に出られる社会にしたい」と語る。
 明治大の藤田結子専任教授(社会学)は、子育てと仕事の両立のため、子連れ通勤で奮闘する母親らへの批判が少なくないことについて「目の前にいる弱い者、子どもや赤ちゃんに、ストレスがぶつけられている側面があるのでは。不満は、満員電車に子連れで乗らざるを得ない状況をつくっている政府に向けるべきだ」と指摘した。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧