JR東広報誌で不正 休刊へ 委託先編集が過去記事など改変

2019年7月30日 16時00分
 JR東日本は二十九日、社外向け広報誌「JR EAST」六月号(六月一日発行)のインタビュー記事で、過去に取材、掲載した大学教授を偽名にし、内容を改変、写真も加工して使い回していたと発表した。
 官公庁や図書館などに計約二万四千部送付しており、同社は最新の七月号でおわびを掲載、休刊を決めた。
 JR東によると、不正をしたのは委託先の編集プロダクション。担当者は、二〇一三年に早稲田大大学院の浦田秀次郎教授に取材して掲載した記事を転用し、実在しない浦野正次の名前で内容を一部改変、画像ソフトで顔の表情や角度を加工した。
 浦田教授本人から「自分の写真ではないか。取材は断ったはずだ」と指摘があり発覚。担当者は「別の有識者の調整が難航し、締め切りが迫り、ばれずに済むと思った」と話したという。他に不正は確認されていない。
 転用元の一三年の記事は「インフラ輸出の条件」、一九年の記事は「『質の高いインフラ』の海外展開」という題で、いずれも世界のインフラ市場やグローバル人材の育成などがテーマ。インタビューの中身はほぼ一緒で、浦田教授の言葉をほとんど変えずに引用したり、一部だけ変えたりしていた。
 JR東広報部は「浦田教授の名誉を著しく損ない多大な迷惑をおかけした。チェック機能が働かず、深く反省している」とコメントした。

関連キーワード

PR情報