京アニ放火 原画データ復元目指す サーバー焼損なし

2019年7月29日 16時00分
 京都アニメーションの放火殺人事件で、第一スタジオ一階にあったサーバーは焼損を免れ、消火活動の水をかぶった形跡もなかった。大半の紙資料は失われたが、原画や絵コンテのデータが残されている可能性がある。同社代理人の桶田(おけだ)大介弁護士は「データは亡くなった人、傷ついた人の成果そのもの」と話し、復元を目指している。
 事件では三階建て約六百九十平方メートルが焼けた。桶田弁護士によると、建物内の机上のパソコンは、原形をとどめていない状態になるほど甚大な被害を受けたが、サーバーは燃えていなかった。
 サーバーはコンクリートで覆われた部屋にあり、ガソリンがまかれたとされるらせん階段付近から離れていたためとみられる。桶田弁護士は「ラックに貼られた付箋も、しわしわになっていなかった」と説明する。
 進行中の作品に関するものが多かった紙資料は、ほぼ全損。だが一部の原画は速やかにデジタル化されている可能性があるという。会社はサーバー内のデータを取り出し、復元することを考えている。データ復旧のサービスを手掛ける「AOSデータ」(東京)の春山洋(よう)社長は「焼損の被害がなく、水にもぬれていなければ、復元できる可能性はある」と指摘する。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧