関東梅雨明け 平年より8日遅く

2019年7月29日 16時00分

梅雨が明け、青空と輝く太陽の下で水遊びする子どもたち=29日午前11時39分、東京都江戸川区で(魚眼レンズ使用、戸田泰雅撮影)

 気象庁は29日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より8日遅く、統計史上最も早く6月末に明けた昨年より30日遅い。
 この日、関東地方は太平洋高気圧に覆われ、真夏の日差しとともに気温が上昇。茨城県大子町で今年一番の35.6度に達したほか、埼玉県鳩山町で35.3度、東京都心で33度、練馬区で34.6度など、各地で厳しい暑さとなった。気象庁は水分補給など熱中症への注意を呼び掛けた。 (宇佐見昭彦)

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧