球児守れ 変化の夏 新潟提起「球数制限」が加速

2019年7月28日 02時00分

野球部員が2人しかいない分水高校。打撃練習をすると、守る選手がいなくなる=新潟県燕市で

 エースが限界を超えて投げ続ける高校野球の光景が変わり始めている。二十五日の全国高校野球選手権岩手大会決勝では、プロ注目の佐々木朗希(ろうき)投手(大船渡)が登板せずに敗退した。投手のけがを防ぐ動きを加速させたのは、新潟県高野連による「球数制限」の問題提起だった。競技衰退の危機を肌で感じ、「トップ選手だけでなく、全球児をけがから守る体制を」と訴えている。 (原田遼)
 広い校庭に、白球が散らばる。新潟県燕市の県立分水高校の野球部員は三年生二人だけ。練習で一人が投げ、一人が打つと、打球を追う者はいない。十年前には県大会で三位に輝いた実力校だったのに、年々部員は減少。「寂しいです」。球拾いをしながら吉田勝斗(しょうと)主将がため息をついた。

◆進む野球離れ「成長長い目で」

 「子どもの野球離れが進んでいる」。県高校野球連盟会長の富樫信浩さん(58)がそんな声を耳にするようになったのは、二〇〇〇年代に入ったころ。
 実態がつかめず、情報を集めようと〇七年、小学生から社会人まで年代別にある野球の各県連盟に声を掛け「新潟県野球協議会」を立ち上げた。年代別の団体が集まることは他競技では珍しくないが、野球界では異例の試みだった。
 調査を重ね、県内で子どもの人口減少の六倍のペースで球児が減っていることが判明。「このままでは新潟では野球ができなくなる」。富樫さんは青ざめた。
 子どもや指導者らへのアンケートで指摘されたのは「投げすぎによるけが」を理由にやめる子がいる実態だった。強くしようと無理な練習や選手起用が行われ、その結果、子どもたちが野球から離れていく。「根性論では野球離れを止められない。野球を通した子どもの成長を長い目で考える必要がある」
 昨年冬、県高野連は最も負担のかかる投手を守るため、一人が一試合に投げる球数は百球までとする「球数制限」の導入を決めた。県内の高校への事前アンケートでは67%が賛同だったが、全国から「好投手を集めやすい私立が優位になる」など数十件の批判が届いた。
 上部団体の日本高野連も「全国一律で考えるべきだ」と懸念を示し、県は撤回に追い込まれた。富樫さんは「野球の将来を考えた提案だったのに、議論が球数制限の是非にとどまり、残念だった」と振り返る。
 県高野連にとって球数制限は改革案の一部で、指導者の共同研修などの取り組みは地道に続けた。小中高校の球児に年一度、合同でひじの健診を行い、通院や診断歴を残す「野球手帳」も配布している。
 野球離れはまだ止まらないが、変化の手応えはある。今年の新潟県大会ではエースに頼らず、継投策を用いるチームが増加した。春、夏続けて県大会を制した日本文理高部長の金子慧(さとし)さん(37)は「選手を守る意識が、指導者の間で高まってきた」と実感を語る。
 日本高野連によると、全国でも硬式野球部員はこの五年間で15%、二万五千人減っている。富樫さんは「日本高野連に危機感がないことがおかしい。地方だからこそ見える問題を共有し、一緒に改革を進めてほしい」と期待を寄せた。
<球数制限> 昨年12月、新潟県高野連が1試合での1人の投球数を100球までに制限すると発表。日本高野連は「全国一律が望ましい」として撤回させ、今春、有識者会議を設置。会議は先月7日、1試合ごとでなく、大会終盤の数日間など一定期間の通算投球数に制限をかけることを、秋に提出予定の提言に盛り込むと決めた。甲子園では昨夏大会で準優勝した金足農高(秋田)の吉田輝星(こうせい)投手(現日本ハム)が決勝までの6試合で計881球を投げるなど、多投が頻発。後の選手生命への影響などが懸念されてきた。

「投手の障害予防に関する有識者会議」であいさつする新潟県高野連の富樫信浩会長=今年4月、東京都内で

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧