都内 聖火つなごう 東京五輪 ランナー165人公募

2019年6月29日 02時00分

東京五輪の聖火リレーのトーチ

 東京都は七月一日から、二〇二〇年東京五輪で都内を走る聖火ランナー百六十五人を公募する。都内在住や在勤に限らず、都内にゆかりがあれば応募できる。締め切りは八月三十一日。
 都内は二〇年七月十日の世田谷区を皮切りに、島しょ部を含む全六十二区市町村を巡り、開会式当日の七月二十四日に新宿区の都庁でゴールする。計千二百~千三百人のランナーのうち、都が一般枠で百六十五人を公募する。走る距離は一人二百メートル。パラリンピックの聖火リレーについてはまだ決まっていない。
 二〇年四月一日時点で中学生以上が対象で、推薦人と推薦理由が必要。国籍は問わない。都内に以前住んでいたり、家族や親戚が住んでいる、都内で何らかの活動をしていた-などのゆかりがあれば応募できる。道府県枠との重複応募はできないが、スポンサー枠との重複は可能。
 応募フォーム(https://www.tokyo-runner.jp)か都庁や区市町村にある応募用紙に、応募動機や推薦理由などを書き、申し込む。問い合わせは都聖火ランナー選考事務局=電03(6277)2459=へ。 (石原真樹)

関連キーワード

PR情報