路上で刺殺 無罪判決 17年相模原 遺留物の関連否定

2019年5月31日 16時00分
 相模原市の路上で二〇一七年十二月、面識のない会社員松岡隆行さん=当時(60)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職大石明彦被告(41)の裁判員裁判で、横浜地裁は三十一日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役十八年。
 公判で検察側は、大石被告の眼鏡やたばこの箱が現場に落ちており、自宅アパートの駐輪場に被害者の血が付いた自転車があったことなどから「犯人なのは明らか」と指摘。これに対し田村政喜裁判長は眼鏡などの遺留物を、事件発生時とは別の時間帯に落としていた可能性を否定できないと指摘し「事件と直接結び付ける事情はない」とした。
 さらに、自転車の被害者の血は事件により付着したものと認めた上で「近隣に住む人が犯人の可能性が高い」と述べた。目撃者が証言した犯人の特徴は周囲が暗かった状況を考慮すると、被告だけが一致しているとは言えないと指摘した。
 弁護側は「直接証拠はなく、別の真犯人を十分推測できる」と無罪を主張していた。
 大石被告は一七年十二月十二日夜、相模原市南区の路上で帰宅途中の松岡さんを自転車で追い抜く際にトラブルとなり、殴り合いの後、持っていた刃物で胸や腹などを刺して殺害したとして起訴されていた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧