高致死率ウィルス 住民不安訴え 学校隣接「子ども真っ先に危険」

2019年5月31日 02時00分

感染症ウイルスの輸入などについて話し合った連絡協議会=30日、東京都武蔵村山市で

 致死率の高い病原体を扱う施設の安全性を不安視する声は少なくない。実際、海外のBSL4施設では、危険なウイルスを使った実験で誤って感染した研究者が死亡する事故が起きている。三十日に同研究所村山庁舎で開かれた地元自治会などとの協議会でも、住民から「安全性に百パーセントの確証を持てない」と反対する意見も上がった。
 感染研が二〇一五年に公表した資料によると、〇四年にロシアの研究者がエボラウイルス感染のモルモットから採血する際に針刺し事故で感染し、死亡。〇九年にもドイツで針刺し事故があった。BSL4施設の整備を目指している長崎大によると、過去に少なくとも四カ国で六件の針刺し事故が確認されている。厚労省側は「これらは外部への漏えいに至っていない」と強調する。
 だが、感染研の元主任研究官で市民団体「バイオハザード予防市民センター」共同代表の新井秀雄さん(77)は「海外では誤って感染した人を施設内で治療する所が多い。日本のBSL4施設で事故があったら病院へ搬送することになっている。(海外で漏えいがないとしても)単純に参考にできない」と話す。
 この日の協議会を傍聴した地元の田中千恵さん(73)は、施設が特別支援学校や小学校に隣接し、住宅にも囲まれている点を不安視する。「事故が起きたら真っ先に危険にさらされるのは子どもたちではないか。それが一番心配」と話した。
 施設を巡っては、地元住民が将来的な移転を求めてきた経緯がある。協議会で「施設の移転が担保されていない状況で、輸入には賛成できない」と反対した雷塚自治会事務局長の須藤博さん(72)は終了後、報道陣の取材に「今日は報告を受けただけ。日本の技術革新は必要だが、住民の不安が起きないような場所でやるべきだ」と改めて早期移転を訴えた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧