川崎殺傷 レコーダーに襲う姿

2019年5月30日 16時00分
 川崎市多摩区で児童らが殺傷された事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)=同市麻生区=が走りながら児童らを襲う様子が、スクールバスのドライブレコーダーに記録されていたことが三十日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、ドライブレコーダーには、バスの近くで乗車を待っていた児童らの列に、両手に包丁を持った岩崎容疑者が走りながら近づき、児童を狙って次々と突き刺していく様子が写っていた。多くの児童が逃げる間もなく襲われたとみられる。
 これまでの県警の調べでは、同居する伯父、伯母ら一部の親族を除くと、岩崎容疑者の交友関係は確認されていない。
 二十九日に岩崎容疑者の自宅を捜索したが、他人とのつながりを示す携帯電話やパソコンは見つからなかった。
 県警は今後、押収物を詳しく調べるとともに、親族から話を聴くなどし、大勢の人を襲った動機の解明を進める。
 事件は、二十八日午前七時四十分ごろ発生。スクールバスを待っていた私立カリタス小の児童や保護者が襲われ、六年生の栗林華子さん(11)と外務省職員小山智史(おやまさとし)さん(39)が死亡、十七人が重軽傷を負った。

関連キーワード

PR情報