川崎殺傷 手袋着用し切り付け 滑らないよう準備?

2019年5月30日 02時00分

花束が手向けられた事件現場で手を合わせる人たち=29日、川崎市多摩区で

 川崎市多摩区でスクールバスを待っていた児童ら十九人が殺傷された事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)=同市麻生区=が作業用手袋をして切り付けていたことが、神奈川県警への取材で分かった。凶器の包丁が血で滑らないようにした可能性があり、県警は周到に準備して犯行に及んだとみている。
 県警によると、岩崎容疑者は自宅最寄りの小田急線読売ランド前駅から、現場近くの登戸駅まで電車で移動したとみられる。両駅のカメラに写っていた容疑者と似た男は手袋をしていなかったが、現場近くのコンビニのカメラで撮影された際には黒っぽい手袋を着用していた。
 付近のカメラ映像の解析では、岩崎容疑者はコンビニの駐車場にリュックサックを置き、両手に包丁を持って私立カリタス小学校の保護者の外務省職員小山(おやま)智史さん(39)の背中を刺して殺害。保護者の女性(45)の首を切って重傷を負わせると、バス停で列を作っていた児童を襲い、六年の栗林華子さん(11)も殺害した。
 カメラには、包丁を振り回して走る岩崎容疑者が写り、小山さんを襲った約五十メートル先の路上で首を切って自殺するまで、わずか十数秒だったという。当時の所持金は約十万円で、ジーンズのポケットにそのまま入っていたという。
 県警は二十九日、殺人の疑いで岩崎容疑者の自宅を捜索し、包丁の空き箱四箱とノートなどを押収。パソコンや携帯電話などはなかったという。容疑が固まり次第、容疑者死亡のまま書類送検する。
 また、司法解剖の結果、小山さんは背中などを刺されたことによる出血性ショック死、栗林さんは首を切られたことによる失血死と分かった。

関連キーワード

PR情報