18人刺され女児と男性死亡 川崎、通学バスの列襲う 男、自ら刺し死亡

2019年5月28日 16時00分

児童らが刺された現場を検証する捜査員ら=28日午前8時25分、川崎市多摩区登戸新町で(中西祥子撮影)

 二十八日午前七時四十分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の登戸駅周辺の路上で、駅から北西へ約一キロ離れたカリタス小学校に向かうスクールバスのバス停にいた児童らを男が次々に包丁で刺した。神奈川県警と市消防局によると、同小の女児十六人と、成人男女の計十八人が首などを切られ負傷し、うち六年の女児(12)と男性(39)が死亡。容疑者とみられる男も自ら首を刺し、搬送先の病院で死亡が確認された。 
 県警によると、容疑者とみられる男は黒い半袖Tシャツに同色のズボン姿で、バスが到着するのとほぼ同時に、両手に持っていた包丁で次々に切り付けた。バスの男性運転手が「何をやっているんだ」と言いながら降車すると、男は数十メートル逃げ、持っていた包丁で首を刺した。近くの植え込みで血の付いた包丁二本が見つかった。
 男は、所持していた保険証などから同市麻生区の男(51)とみられる。
 市消防局によると、負傷者はいずれも市内の日本医科大武蔵小杉病院や聖マリアンナ医科大病院などで治療を受けている。
 神奈川県私学振興課には同日午前九時半ごろ、同小の校長から「本校の児童と保護者が複数けがをしているようだ」と報告があった。同校はこの日は休校にし、午後五時から保護者会を開く。
 現場は小田急線とJR南武線が乗り入れる同駅から北西に約二百五十メートル離れたマンションなどが立ち並ぶ一角。
 関東地区私立小学校連合会のサイトによると、カリタス小学校は川崎市多摩区にあるカトリック系の共学校で、児童数は各学年約百人の計約六百人。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧