<新型コロナ>ビニールシートやアクリル板で感染対策 県内市役所 職員ら工夫

2020年4月16日 02時00分

透明テーブルクロスを事務用のヒモとクリップでとめた足利市役所の感染対策用シート=足利市で

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飛沫(ひまつ)感染などを防止するための透明シートなどを設置する動きが行政にも広がっている。
 足利市は庁舎一階窓口などに透明のビニールシートを順次設置している。市財産活用課の担当者は「アクリル製は入荷まで時間がかかるのであきらめた」。試行錯誤の末、市販の透明テーブルクロスを職員が加工して利用しているという。
 栃木市は十五日に届いたアクリル板二枚を庁舎二階の市民生活課に設けた。百枚を発注したが「すべて届くのに時間がかかる。順次設置する」と市管財課。
 佐野市は市民と対面する部署に順次、透明のビニールシートを設ける。財産活用課職員が市販品を加工したという。
 小山市も総合窓口や市民課などにビニール製シートを設けている。市管財課の担当者は「接客頻度の高い部署に増やしていく」と話した。
 那須塩原市は、玄関正面の案内や市民課など市民が多く訪れる各課窓口に手作りのビニール幕を設けた。職員間の感染を防ぐため机の間にビニールのついたてを設置した課もある。担当者は「各課であるものを活用して作った」と話す。(梅村武史、小川直人)

那須塩原市庁舎玄関正面の案内に設置されたビニールの幕=那須塩原市で

関連キーワード

PR情報

栃木の新着

記事一覧