<新型コロナ>静岡市検査で全員陰性 乗船者、スポーツクラブ利用者

2020年3月12日 02時00分
 静岡市は十日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された市内の六十代男性と同じクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗っていた市内の男女十一人を改めてウイルス検査した結果、全員陰性だったと発表した。十一人は健康観察期間を終え、日常生活に戻る。
 厚生労働省は、症状が出ていない人への検査を義務付けていないが、市は六十代男性の感染を受けて、独自に検査を実施。四日までの検査で陰性で、八日に再検査して全員が陰性だった。市は今後も体調に変化があった場合、すぐ検査、治療するなどの支援を継続する。
 市は、六十代男性と同じ時間帯に市内のスポーツクラブの浴場を利用した男性二十四人のうち、検査を希望した二十三人を検査し、いずれも陰性だったと発表した。残りの一人も体調に問題はなく、二十四人は日常生活に戻る。 (広田和也)

関連キーワード


おすすめ情報