信号と連動 自動運転バス 県が全国初 沼津の公道で実証実験

2020年1月23日 02時00分

信号と連動した実証実験で沼津駅前を走る自動運転バス=沼津市で

 自動運転の電動バスが交差点に接近するのに伴い、信号を優先的に切り替える県の実証実験が二十二日、沼津市で始まった。こうした実験を公道で行うのは全国初という。
 バスが現在の位置情報を交通管制システムに送り、管制システムが、バス側の青信号時間を長くするなど調整する。自動運転バスの定時運行や、周辺への渋滞の影響を確認するのが狙いという。
 この日は、JR沼津駅-沼津港を時速十九キロの低速で複数回往復した。一部では手動に切り替え、運転手が運転した。
 実験は三十一日まで行われ、予約すれば無料で乗車できる。問い合わせは「沼津市まちづくり政策課」=電055(934)4759=へ。

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧