空飛べ無人トラック ヤマト、米で飛行実験 最大450キロ運搬目指す

2019年8月27日 16時00分

ヤマトホールディングスなどが飛行実験を行った無人輸送機。中央の容器に荷物が入っている

 【フォートワース=共同】ヤマトホールディングスは二十六日、米南部テキサス州フォートワース郊外での無人輸送機の飛行実験を報道陣に公開した。実験機の積載量は最大三十二キログラム。最大四百五十キログラムの荷物を自動飛行で運ぶ「空飛ぶトラック」の技術を確立し、二〇二五年までの実用化を目指す。
 将来的に日本を含めて世界的な無人輸送機サービスを展開することを想定している。
 実験は、輸送機を共同開発する米ベル・ヘリコプターの施設で行った。四つのプロペラで垂直に浮き上がり、上昇後は機体を水平方向に傾けて五十メートルほどの高さを数分間飛び、垂直に着陸した。
 ベルによると、実験機は横幅二・七メートル、高さ一・八メートル、奥行き一・二メートルで、重さは約百六十キログラム。荷物を積んで約五十六キロ移動できる。航空機が運航できる程度の天候なら飛べるという。
 機体はベル、荷物を入れる容器はヤマトがそれぞれ開発。容器には小さな車輪を付け、機体から取り外してトラックなどに積み替えやすくした。
 無人輸送機を利用する動きは広がりつつある。NECは今月上旬、人やモノを乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の試作機の浮上実験を公開。まずは二三年に物流輸送での実用化を目指している。

荷物を入れる容器。無人輸送機に取り付ける=いずれも26日、米テキサス州フォートワース郊外で(共同)

関連キーワード

PR情報