伝統の「たる飾り」で迎春 15日まで伊東・東海館

2020年1月6日 02時00分

江戸時代から伝わるという伝統のたる飾りを設置する立木さん親子=伊東市東松原町の東海館で

 珍しい「たる飾り」が伊東市東松原町の観光文化施設・東海館にお目見えし、訪れた行楽客を楽しませている。15日まで。
 同市川奈の造園業「植源(うえげん)」が、江戸時代から伝わるという手法を駆使して、東海館の前身である温泉旅館の創業当時(1928年)から手掛けている迎春用の飾りだ。
 同社3代目の立木泰(ついきゆたか)社長(74)と、4代目となる息子の秀希さん(41)が先月28日、大きな酒の四斗だる三つを重ね合わせて台座とし、縁起物とされるダイダイや伊勢エビ、紅白の締め紙などを飾り付けて完成させた。立木社長は「創業者の祖父が東京・大森で修業して学んだ珍しい手法。これからも伝統を絶やさずに継承していきたい」と話した。 (杉本三佐夫)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧