「淡島ホテル」の旧運営会社破産 不安語る債権者ら 電話相談相次ぐ

2019年12月26日 02時00分

電話相談に対応する弁護士たち=沼津市御幸町の県東部法律会館で

 沼津市の離島に立つリゾートホテル「淡島ホテル」の旧運営会社「株式会社淡島ホテル(現・AWH)」の破産手続き開始決定を受け、県弁護士会消費者問題委員会は二十五日、債権者らを対象とした無料電話相談会を始めた。
 午前十時から電話三台で対応し、午後三時時点で六十件ほどの相談が寄せられた。山本洋祐委員長によると、相談者は関東在住が多く、「淡島ホテルから債権が返らない」「今後どういう展開になるのか」などと不安を語っているという。
 山本委員長は「旧運営会社の破産手続きが開始されても、ホテルの営業には影響しない」との見解を示した上で、「電話相談を通じて被害状況を把握したい」と語った。帝国データバンク沼津支店などによると、負債総額は約四百億円で、債権者数は二千人ほどに上る見込み。
 相談会は二十六日午前十時~午後五時にも実施。電話=055(932)6750=へ。(杉原雄介)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧