地下鉄アルファベットの謎 都営地下鉄三田線 なんでI、Mじゃないの?

2020年4月23日 02時00分
 地下鉄に不慣れな外国人や旅行者にも分かりやすいように、駅の出入り口には路線カラーの丸でアルファベットを囲んだマークが表示されている。日比谷駅には東京メトロ日比谷線のシルバーに「H」、千代田線のグリーンに「C」、都営地下鉄三田線のブルーに「M」…ではなく「I」? 今さら人に聞けないマークの謎を追った。
 駅の出入り口前で信号待ちをしていたIT企業勤務の三十代女性二人組に三田線について尋ねると、「なんで『I』なの」「外国人はさっぱりだろう。日本人でも不慣れな人は分からないのでは」と顔を見合わせた。コンサルティング会社で働くイタリア出身の男性二人組は、そもそも「I」に気づいてなかった。「色で判断している。丸ノ内線があるから『M』じゃないの」と鋭い指摘。
 複雑な東京の地下鉄網。乗り間違えないために分かりやすさが不可欠だ。営団地下鉄(現・東京メトロ)と東京都交通局が一九七〇年に覚書を交わし、独自に決めていた路線カラーが重ならないよう定め直した。対象は当時開業していた七路線と計画路線。車体の色や沿線の特徴などから見分けやすく明るい色を付けた。
 歴史をひもとくと、三田線のちょっぴり切ない過去が見えてきた。丸ノ内線と三田線は協議の時、どちらも赤だった。東京都交通局の広報担当・井上清美さん(73)が伝え聞いた話によると、都内で二番目に古く、百何十万人も乗せていた丸ノ内線に対し、三田線は当時は路線が短く認知度も低かったので、丸ノ内線が赤で決着。三田線は青になったが「赤に戻して」との声は上がらなかったそうだ。「丸ノ内線が赤を勝ち取り、赤を使っていた三田線は青になった」という裏話は本当だった。
 二〇〇四年には路線の色でアルファベットや駅番号を囲む「駅ナンバリング」を導入。外国人モニターや利用者の意見を募り、現在のマークができた。
 では、どうして三田線は「I」で、丸ノ内線が「M」なのか。三田線も頭文字は「M」なのに…。
 東京メトロによると、アルファベットは原則路線名の頭文字を表し、他の路線とかぶる場合は先に開業した路線を優先する。三田線は丸ノ内線より十年以上も「後輩」だったので「M」の座を逃し、二文字目の「I」で落ち着いた。
 東京都交通局の広報担当者は「三田線は、丸ノ内線に赤だけではなく『M』も譲った」とその境遇に思いをはせた。「MITA」の残りの「T」は東西線、「A」は浅草線が使っている。実は現在の三田線の車両には、ブルーの上にささやかな赤のラインが入っている。井上さんは「昔入れたかった名残では?」と推測する。
 他にも頭文字でない路線が二つ。半蔵門線は、先に開業した日比谷線に「H」を、浅草線に二文字目の「A」を使われ、三文字目の「N」は既に計画されていた南北線のものに。他の路線と重なりにくい「『Z』が妥当」だと決まった。アルファベットの最後の文字「Z」は印象に残りやすく、良い選択と言えそう。大江戸線は、「O」と数字の0(ゼロ)が紛らわしいため「E」になった。
 こうして生まれた外国人にも優しい地下鉄マーク。表参道駅で友人を待っていたゲーム会社社員のテディ・クロスさん(23)は、「文字や数字を覚えるのは大変。色を覚える方が簡単だよ」とマークを見上げた。
<駅ナンバリング> 路線を表すアルファベット一文字と駅を表す数字が路線の色で囲まれている目印。外国人や観光客が識別しやすいように取り入れられた。地下鉄では、横浜市営地下鉄が初めて二〇〇二年に導入し、全国の地下鉄で標示されている。
 文と写真・高橋可鈴
 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

関連キーワード


おすすめ情報

TOKYO発の新着

記事一覧