ゆかり発売50周年キャンペーン ご飯のお供 ご縁に感謝

2020年4月10日 02時00分

4月のプレゼントは「ゆかり」マスキングテープ=いずれも三島食品提供

 ご飯のお供としておなじみ、赤しそのふりかけ「ゆかり」が今年で発売50周年を迎えた。製造販売元の三島食品(広島市)では「50(ご縁)に感謝プレゼントキャンペーン」を12カ月連続で実施中。個性豊かなオリジナルグッズを抽選でプレゼントしている。
 5にこだわって、毎月5日から15日まで特設サイトで応募受け付け。1月は「ゆかり」のパッケージに収納できるエコバッグ、2月は瓶入りのシルエット風エプロン、3月はBOXティッシュ(いずれも受け付け終了)で回を重ねるごとに応募が増えているという。
 今月5日から応募開始の賞品は「マスキングテープ」。紫色が印象的なゆかりカラーと、シリーズパッケージを発売順に並べたタイプの2種をセットにして、抽選で500人にプレゼントする。
 「ゆかり」は、東海地区で人気の赤しその漬物をヒントに生まれた。しかし、当時はかつおや魚粉のふりかけが人気で、全く売れなかったとか。のちに学校給食に採用され、子どもたちが家庭でもせがむようになり波に乗る。改良、研究を重ね、品質維持のため、赤しその種まで自社開発したとか。
 姉妹品には「かおり」(青じそ)、「あかり」(ピリ辛たらこ)もあり、「ゆかり三姉妹」と呼ばれる。今年2月に「うめこ」(カリカリ梅)も発売され、ネットで「また知らない女が居る…」と話題になったばかり。長く親しまれる商品には話題が尽きない。
 12月まで続くプレゼント企画の最後は「ゆかり」に包まれるような斬新な賞品らしい。毎月のチェックを忘れずに。 (村手久枝)
◇応募は特設サイトの応募ページから。受け付け期間は毎月5~15日(11日間)。月ごとに1人1回のみ応募可。問い合わせは(電)082・245・3211(広島本社/平日8時半~17時)

ゆかり4姉妹

関連キーワード

PR情報

限定 要チェックの新着

記事一覧