「できる前」のチョコ試食 ロッテ浦和工場 

2020年1月17日 02時00分

工場紹介の映像を見るホールで、苦いチョコと甘いチョコの食べ比べもする。

 工場見学は人気だが、車を持たない人にとっての悩みどころは、交通アクセスの悪さ。広大な敷地が必要な工場は、駅から遠いケースが多い。しかしロッテ浦和工場なら、JR武蔵浦和駅から徒歩5分。行きやすさも魅力の一つだ。20日から、春休み期間中(3月27日~4月2日)の工場見学抽選受け付けを開始する(往復はがきで2月14日必着)。
 同工場は、1964年に誕生。12万9000平方メートルもの敷地に、4棟あり、千葉ロッテマリーンズ二軍の球場も併設する。「パイの実」「コアラのマーチ」などチョコレート菓子や「雪見だいふく」などのアイスクリームを製造。この工場と同い年のロングセラー商品「ガーナミルクチョコレート」を生産する唯一の工場でもある。
 見学では「ガーナ」か「パイの実」の製造ラインを見学するほか製造途中の苦いチョコレートと、製品化直前の甘いチョコレートの食べ比べ、チョコレートの入ってない生地だけのパイの実やコアラのマーチの試食など工場に行かなければできない体験企画を用意。最後に、おみやげももらえる。日によって違うが、冬休みに取材した際は「トッポ」1箱と「コアラのマーチ」の小袋だった。
 首都圏の工場では狭山工場(埼玉県狭山市)でも春休み期間中の見学申し込みを受け付け中。見学できる製造ラインは少ないが、チョコレート注入体験日もある。
 もし今回抽選にはずれても、夏休みなど長期休み期間の工場見学は、3カ月ぐらい前から受け付けるので今からカレンダーをチェックしておこう。 (村手久枝)
◇応募は往復はがきのみで受け付け。宛先は〒336 8601さいたま市南区沼影3の1の1 株式会社ロッテ 浦和工場「工場見学」係。記入内容ほか詳細は公式サイトで。問い合わせは(電)048・837・0337ロッテ浦和工場・工場見学係

関連キーワード

PR情報

限定 要チェックの新着

記事一覧