武蔵小杉 住み続けたい街へ

2020年2月2日 02時00分

多摩川の向こうにタワーマンションが立ち並ぶ武蔵小杉駅周辺=本社ヘリ「おおづる」から(岩本旭人撮影)

 まるで背比べするように、存在感を放つ武蔵小杉(川崎市中原区)のタワーマンション群。鉄道の利便性が高く、緑地もスポーツ施設も近い。かつてグラウンドや工場などがあった場所は、再開発で「住みたい街」というブランドをまとった。
 日本地名研究所の菊地恒雄さんは「地形や地名から解釈すると、小杉とは多摩川がつくった砂礫(されき)地に由来する」と語る。
 昨秋の台風19号では、多摩川の濁流が下水道管を逆流して市街地に噴出。街の活力を象徴するタワマンにも、まさかの水害をもたらした。地階の電気設備が水没し、エレベーターは停止。見上げる窓々の明かりも消えた。
 「対策をどうするか。みんな一緒に、できることをやろうと真剣に考えた。一致したのは『この街を良くしたい』という思いです」。新旧住民や行政とのパイプ役を担うNPO法人、小杉駅周辺エリアマネジメントの安藤均さんは言う。
 目指すのは、「住みたい街」から「住み続けたい街」へ。試練を乗り越えて、そこに暮らす人々、働く人々が街をつくる。 (石川修巳)

関連キーワード

PR情報