<新型コロナ>小中学校 分散登校で来月再開 世田谷や港区など緊急事態解除前提

2020年5月23日 02時00分
 世田谷区は二十二日、緊急事態宣言が解除されれば、六月から小中学校や保育園などを再開すると発表した。
 区立小中学校は午前と午後の分散登校を行う。クラスの約半数で教室を利用し、机の間隔を一メートル以上空ける。第一段階は半日登校を、小学生は週一回、中学生は週二回。週ごとに登校日数を増やしていく。
 入学式は小学校は六日、中学校は七日に行う。給食は第四週以降に再開予定。また、七月二十一~三十一日に授業を実施。九月以降の土曜授業を月一回から二回に増やす。
 また、公私立の認可保育園や認定こども園、区立幼稚園、学童クラブなどは再開後も六月末までをめどに、在宅が可能な保護者には登園自粛を要請し、縮小保育をする。
 港区は二十二日、緊急事態宣言が解除されれば、六月から区立の小中学校や幼稚園などを分散登校・登園で再開すると発表した。
 小中学校ともに六月末まで分散登校をし、土曜日は授業を行わない。中学校の入学式は一日に行う。教室内の机の距離を空けて、授業を行う。
 給食は八日から再開し、七月からは通常の登校に戻す。また、夏休みは八月一日~二十四日までの約三週間に短縮する。
 また、新型コロナウイルス感染予防対策として、「三密」を避ける必要があることから、学校行事の開催は見直す。
 中野区は二十二日、新型コロナウイルスの影響で臨時休校している区立の小中学校や幼稚園を六月一日から再開すると発表した。
 小中学校はそれぞれのクラスを午前、午後の二グループに分けて分散登校する。同八日の週から給食を再開できるよう準備する。
 幼稚園は学年ごとに登園日を設け、一学年を二つのグループに分ける。保育園は再開後も、在宅で保育が可能な保護者には六月末まで登園自粛をお願いする。

関連キーワード

PR情報