思い出のウォークマン聴ける ソニー発売40年 歴代237機種展示

2019年7月2日 02時00分

ソニーがウォークマンの発売から40年となるのを記念して展示した歴代機種=1日午後、東京都中央区で

 ソニーは1日、ウォークマンの発売から40年となるのを記念して、東京・銀座の「銀座ソニーパーク」で歴代機種237台を集めた展示を始めた。ミュージシャンなど40人がウォークマンで聴いた思い出の楽曲を紹介するコーナーも設け、設置した機種でその楽曲を聴くことができる。9月1日まで。入場無料。
 ウォークマンは1979年7月1日に1号機が発売された。ソニー創業者の故井深大氏が海外出張の際に音楽を手軽に聴けるようにと提案したのが開発のきっかけで、発売後、外出先で音楽を聴く生活スタイルが定着した。出荷台数は全世界で累計4億台以上となる。
 ソニーパークを運営する「ソニー企業」の永野大輔社長は「当時の思い出に浸りながら、ウォークマンを楽しんでほしい」と話している。

ソニーが1979年に発売したウォークマンの1号機

関連キーワード

PR情報