<新型コロナ>江東区が「PCRセンター」 仮設テント1日10~20人検査

2020年4月24日 02時00分

仮設テントで検体を採取する「PCRセンター」(江東区提供)

 江東区は二十三日、区施設の敷地内に、PCR検査に必要な検体を採取する「PCRセンター」を開設した。仮設テントを使い、火、木曜日の午後二時間、医師二人と看護師一人が滞在する。 対象は、かかりつけ医が必要と判断した区民で、一日あたり十~二十人の検査を見込む。 区は医療機関に出向くのが難しい人には、自宅を訪問して検体採取するなど、一日当たり約二十件の検査を行ってきた。担当者は「検査が必要な人を待たせている状況ではないが、今後の感染者増加を見据え、態勢を強化した」と説明している。

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧