<新型コロナ>23区最多 世田谷の感染、なぜ多い? 区「人口の多さ、一因では」

2020年4月7日 02時00分
 新型コロナウイルスの感染者数は、都内二十三区では世田谷区が最も多い。五日現在、累計で百四人に達し、唯一の三桁だ。なぜ多いのか、理由を探ってみた。(岩岡千景)
 区内で初めて感染が公表されたのは三月四日。保育所の職員だった。「その後、海外帰国者中心に感染が確認されている」と、保坂展人区長は同月下旬の会見で説明した。
 三十一日、通所介護事業所「デイ・ホーム千歳」(同区給田)に勤務する職員一人の感染が判明。四月四日には、同区のスーパー「マルエツ」真中店(同区上馬)で、レジ担当のパート従業員一人の感染が分かったと、スーパーがホームページで公表した。
 区の広報担当者は「感染事例に特徴的な傾向はなく、どこかでクラスターが発生している状況でもない。感染者数が多いのは人口の多さも一因ではないか」と話す。
 同区の人口は、九十二万千五百五十六人(四月一日現在)。二十三区で最も多い。
 都が発表する感染者数で五日現在、世田谷区の次に多いのは、麻布や六本木などの繁華街を抱える港区で八十三人。しかし三月一日現在、同区の人口は二十六万千百五十六人と世田谷区の三分の一以下。人口十万人当たりの感染者は、港区は三一・八人で、世田谷区の一一・三人の倍以上になる。
 安倍晋三首相は七日にも緊急事態宣言を出す方針。保坂区長は「感染を徹底して抑えつつ、地域医療を支え、社会生活のインフラを維持するために全力をあげたい」と、自らのツイッターで発信した。 

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧