中国ファンド JDIに522億円出資 目標の800億円には未達

2019年6月28日 16時00分
 経営再建中の中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は二十八日未明、資金支援を表明していた中国と香港の二社のうち、中国のファンド「ハーベストグループ」が総額五百二十二億円の支援を正式に決めたと発表した。しかし、香港のファンドが機関決定を延期するなど目標の八百億円に届いておらず、再建の行方はなお不透明だ。
 ハーベストグループは、中国政府からの介入がないことを条件に、第三者割当増資に応じるなどして計五百二十二億円を拠出。このうち百七億円は、JDIの大口顧客である米アップルが負担する見通しという。
 一方、香港のファンド「オアシス・マネジメント」も百六十一億円を出資する方向だが、予定していた二十七日の正式決定を延期した。JDIは「事務手続きなどに時間がかかっている」と説明しており、大きな障害はないとみている。
 ただ、オアシスが出資しても調達額は六百八十三億円にとどまり、目指した八百億円には百十七億円足りない。JDIは国内外のファンドなどに出資を求めており、交渉を続ける。
 JDIは政府系ファンドINCJ(旧産業革新機構)の傘下で再建を目指したが、業績不振のため今年三月末時点で自己資本比率が0・9%と債務超過寸前に陥った。四月に新たな再建策を発表し、ハーベストなど中国と台湾の三社連合から最大八百億円の資金支援を受ける計画だったが、台湾の二社が離脱。オアシスが加わった。 (吉田通夫)

関連キーワード

PR情報

経済の新着

記事一覧