<各市の予算案>羽村市 東京五輪 事前キャンプへ準備

2020年2月28日 02時00分
 東京五輪に向けた準備を加速させる。市内で事前キャンプを予定しているキルギスの男子柔道チームを迎えるため、スポーツセンター内の畳を入れ替える。スイミングセンターの改修工事などと合わせ一億八千一万円を盛り込んだ。同国のホストタウン事業や聖火リレー通過に伴う関連事業には、千七十九万円を計上した。
 昨年の台風19号を教訓に、新たに市内の避難所に置く非常用蓄電池の購入費三百五十五万円、防災行政無線のデジタル化整備に一億八千六十二万円を計上した。
 このほか、加美緑地公園(グリーントリム公園)の整備に八千二百万円、富士見小学校のトイレ改修工事に五千三百七十五万円を盛り込んだ。
 市税収入は、米中貿易摩擦などの影響を受けて市内の大手企業の業績が悪化したことなどから、前年度比51・5%減の四億二千九万円を見込んだ。厳しい財政状況を受け、市長、副市長、教育長、部長職の給料を5%引き下げる。
 並木心市長=写真=は「羽村にとっては大変な状況。三年を目安に覚悟の上で行財政改革に臨む」と話した。 (布施谷航)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧