新型肺炎 都に感染症対策本部 武漢帰国者滞在先に医師派遣や相談体制

2020年1月31日 02時00分

感染症対策本部の会議で話す小池百合子知事(中)=都庁で

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、国が対策本部を設置したことを受け、都は30日、これまでの危機管理対策会議を格上げし、小池百合子知事を本部長とする感染症対策本部を設置した。同日の会議で、小池知事は「厳しい事態が生じる可能性がある。これまで以上に力を尽くしてほしい」と幹部に呼び掛け、感染拡大防止のための対策を確認した。 (石原真樹)
 中国・武漢から帰国した人への対応では、滞在先となる警察大学校(府中市)と西ケ原研修合同庁舎(北区)へ医師や看護師、保健師を派遣し、二十四時間体制で相談に応じる。また、都立学校と区市町村の教育委員会に対し、手洗いやマスクの正しい着け方など予防のポイントをまとめたリーフレットを、保護者に配布するよう依頼した。
 このほか、新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動への影響を心配する中小企業の支援を強化する。相談窓口は、資金繰りに関しては都産業労働局金融部金融課=電03(5320)4877、経営関係は都中小企業振興公社総合支援課=電03(3251)7881=へ。いずれも、平日午前九時から午後五時まで。 

◆千代田・新宿・世田谷 電話相談窓口を開設

 千代田と新宿、世田谷の3区は30日、新型コロナウイルスに関する電話相談窓口を開設した。土日、祝日を除いた平日、保健師らが相談に応じる。
千代田区(午前8時半~午後5時15分)=電03(5211)8175。
新宿区(午前9時~午後5時)=電03(5273)3836。
世田谷区(午前8時半~午後5時15分)=電03(5432)2111。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧