廃棄予定食材をグルメに 港区で食品ロス「削減の日」啓発

2019年10月31日 02時00分

廃棄される予定の食材で作ったサラダや魚の串焼きなどの6品=港区で

 まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らすための推進法が今月一日に施行され、三十日は初めての食品ロス削減の日。港区で啓発イベントがあり、廃棄される予定の食材をホテルのシェフが見た目も楽しいメニューに変身させた。
 イベントはJR田町駅前のホテル「プルマン東京田町」で開かれ、規格外のレンコンを具材にしたサラダや、傷やサイズを理由に販売されなかった魚の串焼きなど六種類のメニューがお披露目された。
 廃棄されるアイスクリームをスムージーにして再販売してきた港区の会社「ニューステクノロジー」が企画した。担当者は「実際に味わってもらうことで食品ロスを考えるきっかけになれば」と話した。
 登壇した料理研究家の島本美由紀さんは、家庭でできる取り組みとして、「ホウレンソウや小松菜などの葉野菜は冷蔵庫で立てて保存すると長持ちする」と紹介した。
 お披露目されたメニューは三十一日~十一月六日、ホテルで千八百円(税抜き)で味わえる。一日十食。事前予約制。問い合わせはプルマン東京田町=電03(6400)5855=へ。 (加藤健太)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧