本場・墨田で来月13日、ハッケヨイ 等身大の巨大紙相撲

2019年9月26日 02時00分

大勢で土俵をたたく巨大紙相撲の様子(土谷さん提供)

 段ボールで作った身長180センチの力士を競わせるイベント「どんどこ!巨大紙相撲」が10月13日、墨田区で開かれる。各地で人気を博した催しが、両国国技館がある大相撲のまちにやって来る。観覧無料。 (加藤健太)
 巨大紙相撲の取組では、本物より一回り小さい木製の土俵を、大勢でバンバンたたいて勝敗を決める。腕の長さや足の角度によって「突進型」や「堅守型」とタイプが分かれるため、たたき方にも駆け引きがある。
 出場する力士は、巡業と称して区内で開かれたワークショップで、親子連れらが制作した。段ボールを力士の形に切り、猫やペンギン、怪獣など思い思いのデザインに仕上げた。新弟子検査で大きさの基準を満たした三十二体が、十月の本場所に臨む。
 巨大紙相撲は、葛飾区小菅にゆかりがある夫婦の美術家ユニット「KOSUGE1-16」が考案し、各地で巡業や本場所を行ってきた。都内では、豊島区で開催した二〇〇七年以来、二度目になる。
 夫の土谷享(たかし)さん(42)は「大人が本気で作っても、子どもが作った力士にあっけなく負けるので盛り上がる。さまざまな年齢や性別の人たちが同じ土俵で楽しめる」と巨大紙相撲の魅力を語る。
 イベントは、区内で展開されるアートプロジェクト「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称すみゆめ)の一環。十月十三日午後一~四時半、墨田区亀沢三のYKK60ビルで開催する。予選リーグと決勝トーナメントをして最強力士を決める。

ワークショップで思い思いの力士をつくる参加者=墨田区で(区提供)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧