北極圏の建設現場でクラスター発生 作業員ら1400人が陽性判定

2020年5月4日 11時00分
 【モスクワ=小柳悠志】ロシアの北極圏、ムルマンスク州ベロカメンカ村の建設現場で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、作業員ら千四百人余りが陽性と判定された。現場では一万一千人が働いており、感染拡大が懸念される。タス通信が伝えた。
 現場は海岸沿いの寒村。天然ガス生産大手のノバテクがガス関連設備を建設しており、労働者が密集して生活を送っている。
 ロシアでは四月、シベリアのガス田で、新型コロナ対策不足に抗議する労働者のデモも起きている。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧