<新型コロナ>米が「武漢研究所」説 調査 「コウモリから人に」示唆

2020年4月20日 02時00分

中国・武漢の中国科学院武漢ウイルス研究所の実験室が入る建物=共同

 【ワシントン=岩田仲弘、北京=中沢穣】トランプ米政権は、中国湖北省武漢市の中国科学院武漢ウイルス研究所が新型コロナウイルスの発生源となった可能性について調査に乗り出した。米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、米政府内で同研究所が行っていた研究の危険性や安全対策の不備が注目されていると報じた。一方、中国政府は「科学的根拠はない」などと反論している。
 ポスト紙によると、在中国米大使館の職員らが二〇一八年一月、同研究所を複数回訪れ、米国務省に公電二通を送っていた。同紙が入手した最初の公電は、研究所側が、コウモリを使ってコロナウイルスについて調べている研究室で安全な作業に必要な熟練の技術者が圧倒的に不足しており、米国の大学や機関に支援を求めていると明記していた。
 さらに「最も重要な点」として「研究は、コウモリからウイルスが人に感染して、重症急性呼吸器症候群(SARS)のような病気を引き起こすことを強く示唆している」と指摘した。公電は最近、政府内であらためて回覧され、研究所が発生源になり得るか議論しているという。
 保守系FOXニュース(電子版)も十五日、複数の情報源の話として、新型ウイルスは同研究所内のコウモリから所員に感染し、武漢市内に広まったと報じた。
 トランプ大統領は十五日の記者会見で、報道について「話したくない」と述べつつ、発生源について「徹底的な調査」を実施していると明らかにした。
 一方、中国外務省の趙立堅(ちょうりつけん)副報道局長は十六日の定例記者会見で「ウイルスの発生源は科学の問題であり、専門家の研究に委ねるべきだ」と主張し、「世界保健機関(WHO)は実験室からの流出説に科学的根拠はないと表明している」と強調した。

研究所の実験室=2017年2月、共同

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧