「グレタ」の名 商標登録 無断使用横行で

2020年1月30日 16時00分
 【ロンドン=共同】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)=写真、AP・共同=は二十九日、自身の名前を商標登録する手続きを取ったと、写真共有アプリ「インスタグラム」で明らかにした。無断で名前を使って商品を売る行為などが横行しており、地球温暖化対策を訴える活動を守るためとしている。
 また、温暖化やメンタルヘルスの問題に取り組むため、家族と非営利財団を設立したことも公表。著書の印税や寄付金、賞金などを財団で管理する。
 スウェーデン議会前で毎週金曜日に続けているストライキの活動名や、活動のスウェーデン語スローガンも登録を申請。登録により、活動と関係ない目的でこれらを使う個人や団体への法的措置が可能になるという。
 グレタさんは、自分に成り済ましたり、代理と称したりする人物が接触してきた場合は不審に思ってほしいと投稿。「私や運動の名でお金を集めている人々」がいるとし、「商標登録には何の関心もないが、残念ながらせざるを得ない」と強調した。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧