新型肺炎 中国感染者5900人超 死者132人

2020年1月29日 16時00分
 【上海=白山泉】中国衛生当局は二十九日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の中国本土の感染者数が、二十九日午前零時(日本時間同一時)までの段階で、五千九百七十四人になったと発表した。二〇〇二~〇三年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の中国本土の感染者数を上回った。
 中国メディアによると、中国本土以外では十七カ国・地域で八十八人の感染が確認されており、世界全体では六千人を上回った。
 SARSについて〇三年に専門家がまとめた調査報告によると、中国本土で報告された症例数は五千三百二十七人。死者が三百四十九人だった。新型肺炎の死者は二十九日午前零時までで百三十二人となっており、致死率ではSARSを下回っている。
 中国衛生当局のまとめでは、重症者は千二百三十九人。感染を疑われる人は九千二百三十九人に上っており、今後さらに感染者数は増加しそうだ。
 中国大陸三十一省・自治区・直轄市のうちチベット自治区では唯一感染者が出ていないが、感染が疑われる人が新たに確認された。
 武漢市を含む湖北省の感染者は前日から八百四十人増加し、三千五百五十四人となった。
 現地では医師や看護師のほか病床も不足しており、医療救援チームが中国各地から湖北省に向かっている。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧