グレタさん「気候変動で山火事」 米LA環境デモに参加、危機訴え

2019年11月2日 16時00分
 【ロサンゼルス=共同】地球温暖化防止を求める世界的運動の先駆けとなったスウェーデンの活動家グレタ・トゥンベリさん(16)が一日、米西部ロサンゼルスで環境デモに参加した=写真、共同。カリフォルニア州などで多発する山火事に触れ「気候変動の危機による山火事が世界のあちこちで猛威を振るっている」と強調、対策の緊急性を訴えた。
 これに先立ち、フェイスブックで、南米チリからスペインに開催地が変更される十二月の国連気候変動枠組み条約第二十五回締約国会議(COP25)に参加する意向を示し、移動などの支援を呼び掛けた。デモには大勢の若者や環境保護団体などが参加。化石燃料からの脱却を訴えながら練り歩いた。
 グレタさんは一日、米人気番組に出演、トランプ大統領と会う機会があれば環境問題をどう説明するかと聞かれ「時間の無駄だと思う」と述べた。環境問題に力を入れる人気俳優レオナルド・ディカプリオさん(44)にも会った。
 グレタさんは温室効果ガスの排出が多い飛行機利用を避けてヨットで大西洋を横断して渡米し、九月にニューヨークの国連本部で気候行動サミットに出席。COP25に参加するためチリに向かいながら、毎週金曜日に移動先で環境保護を訴える学校ストを行っていた。

関連キーワード


おすすめ情報

気候変動/1.5度の約束の新着

記事一覧